ハイベック 質問

多い質問!

 

ハイベック洗剤の洗濯に関する、多い質問をまとめています。

ハイベックQ&A

 

 

 

Q1 どんな衣類が洗えますか?

 

洗えるか、洗えないかは、素材の種類ではなく、衣類に付いている取扱い絵表示を見て判断してください。ドライ・ドライセキユ系 のようなドライマークがついていれば洗うことが可能です。
ドライマークの上に×が付いていれば洗うことが出来ません。

 

 

Q2 衣類に付いているドライとドライセキユ系のマークの違いは何?

 

ドライクリーニングの溶剤には、フッ素系・塩素系・石油系などの種類があります。
ドライセキユ系のマークがついている場合は、ドライの溶剤の中でも「石油系の溶剤を使用して下さい」という事を伝えています。ハイベックは、ドライとドライセキユ系のマークどちらも安心して使用出来ます。

 

 

Q3 溶剤とは何のこと?

 

クリーニング店で使用されるのが「ドライクリーニング溶剤」です。
ドライクリーニングとは油で洗濯する方法になります。

 

溶剤の特徴は、油性の汚れを落とし、さらに生地を膨潤させないという特徴があるので
衣類の型崩れが少なく、乾きも早いという長所があります。

 

ただし油性の汚れには強いのですが、水溶性の汚れは落とすことが出来ないデメリットがあります。クリーニング店に出してしまっておいた、白いブラウスが黄ばんでいた、という事はありませんか?

 

これは汗の水溶性の汚れです。水溶性の汚れはクリーニングで水を使って洗わないと落とせない汚れです。 ドライクリーニングでは、汗の汚れは落ちないことになります。

 

この汗の汚れは、最初は無色なので衣類に残っていても気づかずにしまってしまいます。それが時間が経つとともに黄ばみとなって現れてきてしまいます。

 

ハイベックの洗剤は、2つの成分系洗浄法というドライ溶剤のはいった洗剤を水に溶かして衣類をつけ込む方法なので、油性の汚れも水溶性の汚れも両方とも落とすことが出来る優れものです。

 

 

Q4 市販の洗剤とハイベックの違いは何ですか?

 

市販の洗剤は主に中性洗剤を使用しています。ハイベックは、クリーニング店がドライクリーニングで使用しているドライ溶剤を改良し、排水基準・安全性など国の基準に則って家庭で安心して使えるように開発された商品です。

 

水溶性、油性の汚れの他に不溶性の汚れも落とすことができます。

 

 

Q5 難しそうな着物は洗えますか?

 

着物には取扱いマークが付いていないので判断ができません。
難しい衣類ですので、基本的には専門店に出されることをお勧めいたします。

 

 

Q6 洗えない衣類はどんなものがありますか?

 

洗えない衣類は、ビーズやスパンコール、特殊なボタンが使われている物、プリントが貼り付けてある物、生地に特殊加工が施されている物、皮革製品や本革が部分的に衣類に縫い付けてある物などは取扱い絵表示のドライマークが×になっていますので、
洗うことが不可です。

 

コートのフードなどに付いているファーも本物の毛皮の場合は洗うことができません。
合成皮革であれば洗えます。

 

 

Q7 ハイベックで落ちない汚れはありますか?

 

落ちない汚れは意外とたくさんあります。
鉄のサビ、カビ、墨汁、インク、染料などです。

 

時間が経ったシミ、日光にあたって黄変したものなども落とすことができません。

 

 

Q8 未開封と開封後の使用期限はありますか?

 

ハイベックボトルの底面に製造年月日がスタンプしてあります。
未開封の状態で約3年、開封後は1年半〜2年を目安になるべく早くご使用下さい。
(※保管は冷暗所でお願いします)

 

 

Q9  仕上げ剤のフタが急に開かなくなったのですが…?

 

フタの周りに仕上げ剤が残ってしまい固まって開かなくなることがあります。
ふたの部分にぬるめのお湯をかけていただくと、緩んで開くようになります。

 

 

Q10 つけ込みするだけで、汚れは落ちますか?

 

ハイベックで洗う衣類で特に多いのがおしゃれ着です。

 

ハイベックでは、汚れが落ちればいいというものではなく、美しい仕上がり(型崩れ・縮み・色落ち無し)でなければ意味がないという結果を求めています。

 

ハイベックは、おしゃれ着に通常付いている程度の軽い汚れであれば、つけ込み洗いだけで充分落とせます。
もし部分的な汚れがひどい場合は、つけ込む前に専用のブラシと水とハイベックの原液を使って一方方向にブラシ掛けをして落とします。これによって、おしゃれ着を長く清潔な状態で着ることができます。

 

 

Q11 頑固なシミがついている部分を歯ブラシでこすってもいいですか?

 

歯ブラシなどはお勧めできません。繊維を傷つけてしまいます。
ハイベック専用ブラシで一方向にこすってシミ抜きをして下さい。

 

ただし、シルク、麻、テンセルは擦れに非常に弱く、ハイベック専用ブラシを使っても白けたり毛羽立つ恐れがあります。その場合はこするのではなく、軽く叩くだけにしてシミ抜きして下さい

 

 

Q12 洗濯機でも洗えますか?

 

洗濯機で洗う場合は、手洗いコースやドライコースなど、できるだけ水流が弱く脱水時間が短いコースを選んでお洗濯して下さい。型崩れしないよう、必ず洗濯ネットに入れて洗うようにして下さい。

 

洗濯機を使用せず、つけ込み洗いをする場合でも、ネットを使用されることをお勧めします。

 

 

Q13  すすぎは1回で良いのですか?

 

必ず1回で良いです。軽く脱水したあとすすぎを1回していただければ衣類に洗剤が残る事はありません。

 

っすぎのポイントとしては、お水をたっぷり使う、もしくは流しながらすすぎをすることがオススメです。

 

 

Q14 レーヨンの衣類を洗ったら縮んでしまったのですが…?

 

レーヨンは基本的には水につけると縮みます。これはもともとの素材の性質です。
なので、洗濯の仕方や使用した洗剤が原因ではありません。

 

ただし縮んだ場合でも、蒸気アイロンで蒸気をたっぷり与えながら引っ張るともとに伸ばすことが出来ます。レーヨンが入った衣類を洗うときには、必ず洗う前に元の寸法を測っておくことが大切になります。縮んだ場合はその分だけ伸ばすようにしましょう。

 

 

Q15 色移りしたらどう対処すればいいですか?

 

脂肪酸ナトリウム97%以上の純石鹸を洗面器に角砂糖1個分くらいをカッターなどで薄く削り、ぬるま湯に溶かしてつけ振り洗いをします。

 

 

Q16 セーターはぬるま湯?水?どちらで洗濯した方がいいのか?

 

ハイベックはどんな衣類でも、水を使って洗濯して下さい。
ぬるま湯を使ってしまうと縮みの原因になります。

 

 

Q17 よく聞くボディハンガーって何ですか?

 

人間の形をしたハンガーで、空気を入れて使用します。普通のハンガーと比べるとかなり厚みがあり、人間の自然体での角度に近づけて作ってありますので、人が着ている感じのまま衣類を乾かします。

 

特長は、型崩れがなく、乾きも早くなります。

 

ボディハンガーが無い場合は、タオルを巻きつけるなどしてなるべく厚みを付けた状態のハンガーに干すようにし、針金のハンガーのような薄いハンガーは絶対に使わないようにしてください。

 

 

Q18 干す時は、影干しが良いの?

 

風通しの良い影干しが1番です。

 

 

Q19 洗った後のアイロン掛けは必要ですか?

 

最後の脱水を軽めにして、少し衣類に水を含んだ状態がベストです。
その状態で、ボディハンガーに干すと、干している間に水の重さでシワが伸び、
衣類のほとんどがアイロン掛けの必要がないきれいな仕上がりになります。
襟や裾など少し気になる部分だけ蒸気アイロンでしわを伸ばせばよいでしょう。

 

 

 

関連記事

ハイベックが最安値の公式サイト情報です♪
ハイベックのお得なおすすめセットや♪ハイベックの人気の秘密・特長!
ハイベックがなぜ経済的なのか?なども紹介しています♪

スポンサードリンク

メニュー

リンク集一覧

ハイベックの激安!公式サイト情報について!

ハイベックが最安値の公式専門店です。価格がお得なセット販売や、今ならうれしいプレゼントキャンペーン実施中!

サプリメント